Kennyの一橋大学日本史対策

現役一橋生Kennyが日本史選択の受験生を応援するブログ。

優先すべきは大学?学部?


進路を真剣に考えよう

皆さんは自分の進路について、きちんと考えていますか?

目指している大学・学部の志望理由は、ハッキリしていますか?

学名と偏差値表だけを見て、志望大学や進学先を決めると、あなたは人生で最も貴重な大学生としての4年間を全て無駄にすることになります。

今日は例え話を使って、進路について真剣に考えてみましょう。

 

将来ヴィジョンによって、行くべき大学は違う!

社会が得意科目だったあなたは、政治学や国際関係学に興味があります。

あなたの現役生としての大学受験は、次のような結果になりました。

さて、あなたはどういう進路選択をすべきでしょうか? 

この問いに対する答えは、あなたの将来ヴィジョンによって全く異なります。

 

①あなたが官僚を目指している場合

この場合、あなたは浪人して東大を再受験するべきです。

東大卒であることは、官僚になるための必要条件といっても過言ではありません。

 

②あなたが民間大手企業への就職を目指している場合

この場合、あなたは慶應義塾大学商学部に進学するべきです。

就活において、慶應義塾大学のブランド力は絶大です。

もちろん、学歴という点では東大のほうが上ですが、民間企業への就職を目指すならば、慶應を蹴って浪人してまで東大を目指すメリットはありません。

 

③あなたが大学院への進学を検討している場合

この場合、あなたは明治大学政治経済学部に進学するべきです。

高校生の皆さんが思っている以上に、学部間の壁というのは分厚いです。

慶應義塾大学商学部に進学すれば、あなたが興味を持っている政治学や国際関係学については、ほとんど学べないといっても良いでしょう。

大学の教育なんて、東大早慶だろうがG-MARCHだろうが大差ありません。

G-MARCH以下の大学を卒業して、研究職や大学教授に就いている人も大勢います。

もし大学でも学問をしっかり学びたいと思っているのなら、自分の興味関心に合致する学部へ進学することが非常に重要です。

 

大学で何を学びたいのか、それとも遊びたいだけか

まだまだ就活が厳しい今日、多くの高校生は「就活のために早慶の学歴が欲しい!」という風に考えているでしょう。

しかし、自分が大学で何を学びたいのかを考慮することなく、大学のネームバリューだけで志望大学・進学先を決めると、大学に入ってから「大学の勉強がちっとも面白くない」なんて後悔する羽目になります。

逆に、「大学なんて遊ぶための場所!人生の夏休みだ!」と割り切っているのなら、学部なんて気にせずに早慶(特に慶應)に進んだほうが良いです。

やっぱり、早慶は面白い人(良い意味で頭がおかしい人)がたくさんいますから(笑)

大局的な視座で自分の将来について考えたうえで、適切な進路選択をしてくださいね!

 

読み終わったらクリック!→人気ブログランキング