Kennyの一橋大学日本史対策

現役一橋生Kennyが日本史選択の受験生を応援するブログ。

『体系英語長文』


有用だが使う時期に要注意

小貝勝俊『体系英語長文』(教学社)

体系英語長文/小貝勝俊【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2016/1/24 10:50時点)

評価

総合評価:7

長文問題の(応用的)解法を学ぶ:9

長文問題の演習に使う:6

初学者が体系的に英語を学ぶ:2

 

全16題で長文問題の解法を習得する

マーク式と記述式の両方を含む全16題で、長文問題の解法を学ぶ本です。

解答編は英文解釈→設問の解説という構成になっており、長文問題集としてはかなり解説が充実しています。

巻末には読解のためのテクニック・文法知識がまとめられていて、これを読むだけでも長文問題の正答率はかなり上がると思います。

ただし、本書が対象とするのは東大や京大・早慶など最難関大学の受験生であり、あまり基礎的な知識には言及していません。

その点で、この本は英語を体系的に学ぶためのものではなく、英文解釈力は十分な受験生が長文問題の解法を体系的に学ぶためのものだといえます。

 

英文解釈と過去問演習の橋渡しに

この本に取り組むためには、まずは英文解釈をマスターしなければなりません。

英語力が不十分なうちに焦って手をつけると、この本は理解できないと思います。

また、全16題しかありませんから、この本だけでは演習量が不足します。

あくまでも長文問題の解法を学ぶための本であって、過去問での演習が必要です。

したがって、本書の最適な使用法は、英文解釈と過去問演習の橋渡しでしょう。

問題の難易度はかなり高いので、じっくり取り組んでください。

 

体系英語長文/小貝勝俊【後払いOK】【1000円以上送料無料】

価格:1,296円
(2016/1/24 14:26時点)

 

読み終わったらクリック!→人気ブログランキング